組織改革をやる上で知っておきたいこと|これで会社を変える

ウーマン

共有や管理はこれ1つで

オフィス

社員のスケジュールの共有や管理は、得てしてかなりの手間隙や時間がかかるものです。しかしあるツールを導入すれば、それが簡潔にでき、それに加え様々なメリットを生むこともできます。そのツールとは、「グループウェア」と呼ばれるものです。その名の通りグループ、つまり組織による活動のあらゆる部分を支援してくれるツールのことで、現在多くの企業がこのグループウェアを導入し、業務の効率化を生んでいます。グループウェアを利用すれば、社員のスケジュール共有も簡単にできてしまいます。対象となる社員の情報をグループウェアに登録すれば、それだけでその対象者のスケジュールが把握できるようになります。もちろん、権限を持っている社員は他の社員のスケジュールをチェックすることもできます。このスケジュール共有機能の他にも、グループウェアにはあらゆる機能、メリットが備わっています。業務の効率化を図るのにうってつけのツールなのです。

ビジネスの場で使う「スケジュール」という言葉には、主に2つの意味があります。「社員のスケジュール」と「プロジェクトのスケジュール」の2つです。社員のスケジュールの共有は、グループウェアと呼ばれるツールを利用すれば簡単に行なえます。プロジェクトのスケジュールの共有や管理は、「プロジェクト管理ツール」と呼ばれるツールを利用しましょう。プロジェクトの可視化ができ、進捗管理も容易にできる、まさに優れものです。ただ一口にプロジェクト管理ツールと言っても、製品によって備わっている機能に大きな違いが見られます。いろいろな製品をチェックしてみるとよいでしょう。